FC2ブログ

骨を感じるレッスン〜バスケット編その3

前回レッスンを受けての生徒たちの感想から・・
「自分の体のことなのに知らないことがいっぱい」
「体のつくりを全然理解せずに動かしているということがよく分かった」
「自分には力をぬくという発想がまったくなく
 しかも実際ぬいたほうが前より体が軽く動かしやすくなった」
「体のことをもっと知りたくなった」
などなど上々の反応が返って来ました。(しめしめ・笑)

さて今回は、前回お勉強した「股関節」を屈曲させるための筋肉
大腿四頭筋と腸腰筋について紹介。
体育館へ移動してからは、ウォーミングアップの中の関節を動かすための動きを
筋力に頼りすぎないやり方もできることを紹介。
なるべくたくさんの生徒に声をかけたり
実際身体に触ってサポートしていきました。
ほとんどの生徒が違いを感じてくれたことはなによりです。

「パスが跳ばない」というのがお悩みのある生徒・・
彼女は胸郭の前後の厚みが少なく
背中を見ても肩甲骨があまりポコッととび出して見えません。
なのでチームメイトからは「肩甲骨がない」と言われていて
自分もそうなのだと思っていたそうです。
パスの際に「肩甲骨を使いなさい」という注意を受けると
「自分は肩甲骨がないからパスが跳ばないんだ」
と理解していたそうです。^ ^;
もちろん本当にない!と思っていたわけではないと思いますが・・
見てみると彼女の場合、腕は一生懸命ボールを押し出そうとしているのですが
それを体幹部がサポートしていない
つまり全身運動になっていないのですね
さて、これからどう変化していくでしょうか。
次回につづく・・笑
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)