FC2ブログ

「お笑いセミナー in 関西」終了

5月21日
セカンドクラスメンバーにとっては
初めてのダンスではない舞台への出演
ドキドキワクワクしていたかどうだか?
朝の集合時にはいつもと変わらぬ
リラックスムードが漂っていました・笑
9時にホールに入って
客席の椅子並べなどをお手伝いしてから
それぞれウォーミングアップに入りました
当日の私は舞台監督の方が忙しく
生徒は放ったらかしでしたが
助っ人ダンサーのお姉さん達に
手伝ってもらいながら
それぞれちゃんと準備ができていました
成長してるなあとちょっと嬉しい…
4人目の生徒は午前中は中間テスト
学校が終わってから駆けつけ
ゲネプロになんとか間に合いました
忙しかったと思いますが
こちらもちゃんとやることをやりました ^_^

ステージの状態や場あたり
他の出演者さんとの動きなど
当日のみのリハーサルでしたが
大きなアクシデントなく
とりあえず終了できたことを
一番ホッとしているのは
進行役のワタクシではないかと思いますが…(⌒-⌒; )
生徒たちには本当によい経験になりました
機会をくださった大塚じぇいさん
ありがとうございました m(_ _)m
共演の桑原さん
フラメンコの安井先生と
スタジオ・ヴェルデのみなさん
お世話になりました m(_ _)m
そしていつも支えてくれる
助っ人ダンサーのお姉さん達
&今回は無理を言って
神経を使う音響を
担当してくれた
Tちゃん・Mちゃん
スペシャルありがとう〜〜!
IMG_2952_convert_20160527102709.jpg
スポンサーサイト

5月15日バーレッスンクラスから

ちと慌ただしい日が続き
更新が滞っておりましたが
前回の月イチWSレポートです

今回参加の皆さんは・・
3月に続き2度目の受講Jさん(クラシック18年)
以前ダンスカウンセリングを受講してくださったバレエ講師Chさん(クラシック33年)
初めてお越しのダンサーCnさん(クラシック・ジャズ・タップ・日舞44年)
そして余裕があったので急遽参戦のオーナーNさん(イニシャルにする意味あるのか?笑)

この日の皆さんのお話から
「軸」をサブテーマにすることになり
まずはそこに関わる解剖学的なポイントをチェック
そのあとバーレッスンに入りました
私の反省は
結果的にバーレッスンの中で
「軸」に関連する内容に踏み込むところまでたどり着けなかったこと・・
これは今後の課題にします
どうしても前半は下肢の動きに集中してしまいますのでね
それでは受講者のみなさんの感想から・・

Jさん
・前回受講してからターンアウトが楽にできるようになりました(自分比)
・右膝を無意識にかばって固めているのがわかったので改善したいです
・意識する位置を(足の)先の方から股関節の動きに変えていきたいです

Chさん
・(左の股関節がボキボキ鳴るのが気になっていたが)
 力を入れすぎることなくくるりと使えたら音が鳴らないんだなと実感しました
・全身の骨をイメージして体の軸を感じるのがおもしろかったです

Cnさん
・力(筋肉)で踊っている、使っているのがわかりました
・軸の意識、先入観を取り払ってレッスンしたら
 もっと力を抜いて踊れるかな?と思います

6月の月イチWSは26日(日)
この日はダンスカウンセリングとバーレッスンの2クラスです
初めて受講される方は連続受講をおすすめします
リピーターの方もいらっしゃるようになってきましたので
クラスのやり方も改善していきたいと思います

この日の癒し系ショット↓
IMG_2944.jpg

月イチWS in 大宮 終了

Studio Corps Labo(スタジオ・コラボ)さんでの月イチWS
今回は偶然にもこれからバリバリお勉強していきたい
若いバレリーナさんお二人が連続受講され
90分×2クラスじっくり取り組みました

Rちゃん(中学生・クラシックバレエ9年)
 自身で感じていた問題点は・・
  インナーマッスルを使えるようになりたい
  足を動かす時に股関節がボキボキする
 受講後の感想
  驚いたことがたくさんありました
  体のことについても知識が増えて
  理解が深まりました
  今日学んだ知識をバレエにも使えるといいなと思いました

Cさん(大学生・クラシックバレエ13年)
 自身で感じていた問題点は・・
  インナーマッスルや体幹の使い方・鍛え方が
  はっきり自分で分かったことがない
 受講後の感想
  自分は筋肉質じゃないので
  まだまだ筋肉を使ってきたえないといけない
  と思っていたが
  効率的な使い方をすること
  また骨を意識することは
  ほぼ初めてだったので新鮮でした

二人に共通していたのが
デヴロッペやグランロンドジャンブのときに
股関節あたりが鳴ること
やはり大腿骨骨頭を若干押し込む使い方の時に
よく鳴るようでした
こちらがサポートしながらやってみると
音がせずに目的の動きができることはわかりました
ということは関節の形状の問題ではないですよね
もちろんすぐにできないかもしれませんが
まず「自分の身体でできること」なのだと
自信をもって試行錯誤を続けて欲しいです

9月からバレエ留学を予定されているCさん
最初の言葉が
「筋力が弱いんです」でした
確かに見た目は細くて
そうなのかなと思いましたが
実際に身体を触らせてもらったり
動いてみると
薄いけれどしっかりした筋肉をお持ちです
ただ常にその筋肉たち(特にアウター)が緊張状態で
これでは必要な時にそのパワーが発揮できないのでは?
と感じました
返せば「インナーや体幹が感じられない」のは当然で
身体を使う感覚をすべてアウターマッスルで
感じようとしていたからだと思います
これは私自身も長年そうでしたから
とてもよくわかります
ご本人から感想で「効率的な使い方」という言葉が出たことは
とてもよい気づきだと思います
Cさん絶対変えられるから心配しないでね
また必要ならいつでもお声がけください

Rちゃんは今後も会う機会があるところにいます
今回初めてダンスカウンセリングを受けてくれました
「驚いたこと」こんど詳しく教えてね
身体にはまだまだ「驚くこと」いっぱいあるよ
またやりましょう!