FC2ブログ

踊る身体のコツ&骨レッスン受講してきました

Facebookを通じて知り合ったアレクサンダーテクニーク教師
白井幸子先生の大阪ワークショップに参加してきました。
アレクサンダー系のクラスは久しぶりなので楽しみにしていました。

身体の軸骨格・上肢・下肢と大きく3つに分けて
かなり細かく身体全体をみてゆく充実の内容。
6時間にわたる長丁場でしたが、とても楽しい学びの一日になりました。

まず、自分の考えている方向性が間違いではないことを確認できたのが一つ。
それにさらに肉付けするための情報をいくつもいただけました。
また、自分の中で「ここもう少し詳しく知りたいな」
と考えていたことがクリアになったこと。
いずれもたっぷり咀嚼してこれからに生かしていきたいです。

今回受講の皆さんはベリーダンスや社交ダンス、フラダンスなど
日頃関わりの少ないジャンルの皆さんが多くてとても面白かったです。
お一人お一人の身体の捉え方、感じ方を聞いたり
先生のアプローチで変化していく様子を見ているだけでも
めちゃくちゃ勉強になります。
また受講生の皆さんものすごく積極的で
質問があちこちから飛んでくるので
幸子先生も大変だったと思います。
長時間にわたるW.S.本当にありがとうございました。
お疲れ出ませんように。
そしてお世話下さったスタジオの先生、ありがとうございました。
スポンサーサイト

ワークショップ受講の感想

5/31のW.S.を受講してくださった方から感想が届きました。
「送るのが遅くなりましたが、書いたのは受講後すぐです。」
とのことです。
女性のコンテンポラリーダンサーで、当日は2クラス続けて受講してくださいました。
〜〜〜〜〜
☆受講前に自身が感じていた問題や気になることはどんなことでしたか?
・これまでは頑張って基本的な動きやレッスンをしていたが、
 最近ほどほどにしたところ筋肉が柔らかくなり、
 かえって踊りやすくなっていることを実感し、
 いい維持の仕方はあるのか?気になっていた。
・股関節が痛み、引っ掛かりを感じていた。
 さらにその無理から膝に負担をかけ膝まで痛くなっていた。

☆受講後に変化したことや発見をありましたか?
・1回目に受けたときは自分の股関節の力の抜き方がよく分からず、
 なんとなくという感じであったが、
 続けて2回目を受けると、なるほどと感覚として分かりました。
・ぴたりと股関節の痛みがなくなりました。
・夜、布団に入ったとき意識して受講した時の感覚を思い出して体を緩めて寝ると、
 次の日起きた時に疲れを感じなくなりました。(本番の次の日でさえ)

☆その他なんでも自由にお書きください。
・受講後バレエのレッスンを受けたとき、
 筋肉に負担をかけずにできるのかと不安に思いながら受けたのですが、
 筋肉に命令ではなく骨に命令する感覚で体を動かすと、
 すごく素早く軽く動くことができ、時間的に余裕を持つことができる感覚を得ました。
 また、アンディオールして脚をあげる動きが
 今までは筋肉で力ずくでやってもなかなかできなかったのですが、
 何も考えずに自然にアンディオールして脚が上がるというのが
 不思議なぐらい軽くできるようになりました。

Doorsワークショップフェスティバル終了

8月16日、初めて参加したワークショップフェスティバル
「骨から動いてみるバーレッスン」には
23名もの方にご参加いただきました。
なんとダンス経験者のほうが少なく、中には
「今日初めてバーレッスンします!」
という方も・・
「ではどこに興味を持って来てくださいましたか?」
と伺ってみると
「骨!」

とても意外で嬉しいお答えでした。(笑)
なのでとりあえず
『あることを知ってはいるけど普段わざわざ考えてはいない骨のこと』
に意識を向けると動きがどう変わるか、というところから始め
バーでのプリエにつなげてゆきました。

この人数ですから、すべての方に満足いただけたとは思えませんが
少しでも骨に興味を持ってくださる方が増えると嬉しいです。
アシスタントをしてくれたAちゃん、Kちゃん
ありがとうございました〜。
11903917_1130451000318257_3350971778781611680_n.jpg

お盆休みおしまい!

残暑お見舞い申し上げます。
サボりまくりのブログですが、久々に更新します。

昨日は、お盆休み明け最初のクラスが
原田みのる氏のコンテワークショップ
という無謀なことをしてしまったせいで
爽やかな?筋肉痛とともに目覚めました。
体調不良もありひたすらお休みに徹していたお盆でしたので
できる感ゼロ!でした。(笑)
「途中で脱落するかもしれません」
と宣言して臨んだものの
みのる氏の熱い激励に乗せられ
最後までがんばってしまいました。
まあ、やり切ったとは到底申せませんが・・
楽しかったです。

さて、本日は主催側です。
Doors Workshop Festivalの講座
初めて出会う方ばかり20名は
なかなか大変かと思いますが
どこまで伝わるか、挑戦ですね。
これから準備の最終チェックします。