FC2ブログ

帰ってまいりました

東京は大阪や京都に比べると過ごしやすかったです。
暑かったのは最終日だけでした。
そして帰って来たらまたこの強烈な暑さ!
たまりませんね。汗汗汗…
さて今回、最初で最後のまさに一期一会、
本間祥公ダンスバレエアカデミースタジオファイナルに参加の機会を得て
また貴重な体験をさせていただきました。
まずはプログラムに寄稿した文章を紹介します。

~~~~ 
本間先生とのご縁は、大阪教育大での栗原(溜池)陽子先生との出会いから始まりました。
本間先生を敬愛する陽子先生が私たち学生のために講習会を企画し、
本間先生を大阪に招いて下さったのです。
卒業後は陽子先生にならい、教育の分野でダンスを生かした活動をするのだと
漠然と考えていた新米教師の私は突然、
日航機事故により陽子先生という道しるべを失ってしまいました。
その後、関西で師事するダンス教師を見つけられず本間先生の元にレッスンに通うようになり、
ついには退職して上京、2年半にわたりアカデミーで研修させていただくこととなりました。
今から考えると若さゆえの甘さ、至らなさに気恥ずかしいことも多々ありましたが、
それを大きなお心で受けとめて下さった本間先生にはただただ感謝の思いで一杯です。
あの時期松戸で過ごした時間はかけがえのない体験であり、
まさに青春(笑)、そして今に繋がる糧となっています。
今回アカデミー最後となる発表会の舞台に○年ぶりにかつての仲間たちと、
そして現役の若い皆さまとともに立たせていただくことになりました。
喜びと少しの淋しさ、そしてたくさんの感謝の思いを胸に
ステップを踏ませていただきたいと思います。
~~~~

教員を退職する時、同僚からは
「思い切ったことを…」と、半ば呆れられましたが(笑)
ダンス三昧の日々、
公演など舞台を踏ませていただいたこと、
現在に繋がる友人を得たこと、
などなど、すべての経験が今の私を作っていると言えます。
当時、同じような立場の人が何人かいてそれらを全て受け入れて下さった先生の懐の大きさには
当時の先生の年齢をすでに越えてしまった今は余計に感服してしまいます。
今後は、これまでのスタジオとは違った形でさらなる進化を模索しておられるとのこと。
きっとまだまだ先へ行かれることと思います。
私もここ関西で、先生の目指される道とはまた違う道ではありますが、
少しずつ進化していきたいと思っています。
スポンサーサイト

東京に来ています

前回の記事でお知らせした
本間祥公ダンスバレエアカデミースタジオファイナルのために
昨日から上京しています。
最終リハーサルも終わり
あとは明日の本番だけです。
舞台でのリハーサルが明日のGPのみというのがちょっと心配です。笑
何しろOBOGから現役ジュニアまで
総勢20人以上が全員揃うのはおそらく明日が初めて。笑
本当に最初で最後の機会です。
楽しんで踊りたいと思います。