FC2ブログ

次はシステマWSです

さあ来週はスタジオで
システマのWSですよ
まだ余裕ございますので
気になる方はどうぞお問合せください

時々「色んなことやるんですね」
みたいに言われます
アレクサンダーテクニック
ヒモトレ
システマ
ダンススタジオなのになぜ?
ってことですかね
実はあれこれしているわけではなく
一つのことを追っかけているだけです
(中西先生ふっと出てきちゃいました・笑)
カ・ラ・ダ
ですね
身体を追求していたら
自然と出会っている感じです
自分の身体をちゃんと観察できること
易しくはないですが
おもしろいですよ

システマWS Vol.4
「緊張や恐怖のエネルギーを上手に使おう」

日時/8月25日(日)
12:30~13:20 呼吸クラス
13:30~15:30 システマクラス
場所/香田裕佳ダンススタジオ
(阪急水無瀬から5分・JR島本から10分)
対象/中学生以上
定員/10名程度
受講料/
呼吸クラス 1000円
システマクラス 2500円
2クラス通し  3300円
準備物/動きやすい服装・タオル・飲み物
*ワークの内容はそれぞれの体力や状況に応じて
調整しますのでどなたでも参加していただけます
お申込み/
contact☆yukakohda-dance.com
(☆を@に変えてください)
スポンサーサイト

1Day Workshop in Tokyo終了しました

ひもトレFestivalの翌日は
東京のバレエ団在籍中の
若手ダンサーお二人とWSしました
特にお一人は数年前に
前十字靭帯を切ったそうで
そこから来る恐怖感や
様々な思い込みを
まず整理していただきました
最近気になることとして
アキレス腱周辺の痛みをあげておられましたが
膝関節の極度の緊張を取り除くと
股関節も足関節も滑らかに動き出し
バーレッスンをしても
膝もアキレス腱も全く痛くない!
と感動しておられました

「もうケガをしたくない」
「こうすると痛いのではないか」
という思いとの葛藤は
とてもよくわかります
今の自分を観察するということ
続けてみてくださいね

もうお一人は
ともすれば過度に使いがちなところや
関節や骨の動くタイミング・場所を
ヒモトレを使いながら微調整しました

あっという間の3時間
お二人とも楽しんでおられたのが
何よりでした

こんなレッスンをしてみたいという方
お気軽にご相談ください
ダンスのジャンルやレベルは問いません

#ダンスカウンセリング #ヒモトレ
#香田裕佳ダンススタジオ

ひもトレFestival2019

8月10日・11日と開催された
ひもトレFestival2019に参加してきました
充実しすぎてあっという間の2日間でした
登壇された講師の先生方
スタッフの皆さん
お世話になりました
簡単にレポートできないくらい
深化した内容は
咀嚼するのに時間がかかりますが
さらに面白さが増すと考えて
今後も取り組んでいきたいと思います

響いた言葉はいくつもありましたが
浜島先生が仰った
「今起こっていることを観察して記録」
という基本的なことは
サボらずにやろうと思いました

和(なごみ)からだんすクラブにて

なごみ
3〜4年生クラス
1学期はマットを使った運動を
中心に活動しています
今日は長〜くつないだマットで
一方通行でウォームアップした後
前転・後転の練習をしました
Sちゃんの後転の練習に
補助についている間
Kちゃんが何やらゴソゴソ…
「できた!見て〜!」
ヒモで「ゴール」…でした・笑

シマシマの紐だけで作ったところが
Kちゃんらしいこだわり
2色あるマットを並べる時も
必ずきれいに市松模様にしてくれます
(1年生クラスは結構アバウト・^o^)

4月から
一小応援団「和(なごみ)」にて
スタートした「からだんすクラブ」
メンバーの個性が
少しずつ見えてきました
身体を使った遊びの中で
色んな運動体験をしていきます
2学期からは
リズム運動やダンスのステップにも
チャレンジしていきますよ

ラジオ裏話

番組を聴いてくださった
先輩の先生から
「ヒモトレを知っているから
想像つきますが
知らない人には⁇かもですね」
とコメントいただきました

収録前にスタッフさん達に
体験していただいた様子です
ラジオ1

腕を上げている方は
おヘソに一本と
手首にかけて万歳しています
ご本人より横で見ていた
スタッフさんが
「ええ〜〜⁈」
と叫ばれました・笑
ご本人は
「え?そんなに違う?」
ラジオ2

押し合いしてる方は
ヘソ巻きだけです
私は全体重かけて斜めになってます
この前にヒモなしでやりましたが
「うお〜」っと
のけぞっておられました

実際のクラスでは
頭蓋骨・鎖骨・肋骨
股関節・膝関節・足関節
などにもアプローチします
関節があるべき場所で動けること
これがかなり大切です
動けるように準備を整えて
レッスンをする
そうでないと単に
クセを強化するだけになりかねません

クセを外して
本来のあなたの身体の可能性を
広げていきましょう